ステンドグラスの修理、修復いたします。アンティークステンドグラス、ステンドグラスドア、ランプシェード、その他、ステンドグラス全般承ります。

お気軽にご相談ください

03-3552-8154

受付時間

10:00〜12:00/13:00〜18:00
営業:月~金 休業:土日祝 

ステンドグラスを修理したい方に選ばれる6つの特徴

ステンドグラス
専門工房です!

幣社は10年以上の経験と、約300件の修理実績がございます。個人のみならず、アンティークショップ、工務店、運送会社様からもご依頼をいただいております。

どんなステンドグラスも対応!

ステンドグラスなら、窓、ドア、パネル、ランプシェード、雑貨小物など、何でも対応します。ぜひ一度ご相談ください。

 

アンティーク、他社製もOK!

専門知識が必要なアンティークの修理実績も豊富です。

他社様の製品の修理もお気軽にお問い合わせください。

親切・丁寧に
応対します!

修理をどこにどうやって頼んでよいのかわからない方、お気軽にご相談ください。事前にメールで詳しく最適なプランをご提案いたします。

メール見積
相談無料!

写真と必要事項をメールでお送りください。概算費用をお知らせいたします。まずは費用が気になる方、お気軽にお問い合わせください。

出張修理も
伺います!

外せないドア、動かせない大型物件などはこちらから伺います。遠方のお客様もご相談ください。

 

サービス紹介

ステンドグラス修理、修復

ガラスと金属線で作られているホンモノのステンドグラスは、壊れたところだけ交換して修理することができす。ガラスの交換、ひびの補修、歪みの修正、補強、リメイク、ランプの金具の付け直しetc まずはご相談ください。   

ステンドグラス注文制作

心を豊かにするステンドグラス。ドコにもない、あなただけのオリジナルデザインでお作りします。虹工房があなたのこだわりを形にします。

修理Q&A よくあるご質問

ステンドグラスは何でも修理してもらえますか?

本来の作り方のステンドグラスなら何でも修理いたします。

ガラスと金属線で作られている、本物のステンドグラスなら、窓、ドア、家具類、ランプシェード等、何でも修理いたします。

ビニールフィルム、樹脂等のステンドグラス風製品、ステンドグラス以外のガラス製品は修理できません。

そもそもステンドグラスは直せるものですか?

ガラスと鉛線、または銅テープとハンダで作られた
本来のステンドグラスなら、大きな破損でも修理可能です。

大抵、壊れた所だけ部分的に修理ができます。半壊、全壊の場合は、一部または全てを同様に作り直すことも可能です。

修理費用が高そうで心配です。大体どのくらいですか?

何をどの程度まで修理するかで大きく異なります。

修理品は状態がまちまちなので一律料金はなく、それぞれの状態に応じてお見積りしております。メールでの仮見積は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください

修理の依頼のしかた

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

仮見積り

まずは、お気軽にメールにてお見積りをご依頼ください。写真で確認できる範囲の概算お見積りをいたします。出張見積をご希望の方はまずはお電話ください。

 

お品物のお持込・発送・引取り

概算費用をご確認いただいたら、お品物をお持込いただくか、宅配便でお送りください。持ち運びが難しいものは、こちらからお引き取りに伺います。(引取/納品は有料になります)

本見積り

実物を拝見して、写真では分からない部分まで、状態をしっかりチェックいたします。その後、正式なお見積りをご提示させていただき、お客さまにご了承いただいてから作業を開始いたします。

虹工房のこだわり

空にかかる「虹」という字には「橋」という意味もあります。

虹工房は、「時代から時代へ、人から人へ、良いものをずっと手渡していきたい」 そんな想いをこめて名づけました。

手掛けたステンドグラスは
「100年後も愛されるものを作りたい」
「100年先まで残したい」
そう心がけて制作、修理しております。

虹工房のステンドグラス修理について

ステンドグラスの修理をどこに頼んでいいのかわからなくてお困りの方へ。
『親切、丁寧、わかりやすい』ステンドグラス職人にお任せください。
ステンドグラスならどんなものでも対応いたします。

ステンドグラスの寿命は約100年と言われています。
そしてまた100年後、新しい鉛線で組み直してもらえれば、また、その先100年楽しむことができるほど、本来丈夫なものです。

私たちはせっかく縁あって出会ったステンドグラスを100年先まで残したいと考えています。
壊れたまま、もしくは遠からず壊れそうなステンドグラスをそのままにしたくはありません。
そのため私たちのステンドグラス修理は、『なるべくオリジナルの状態を大事にする』と同時に傷みが進んでしまったものは、今後安心して飾ってもらえるよう『オリジナルにこだわりすぎず、直すべきところはしっかり直す』修理をお勧めしています。

ステンドグラスは壊れるものです。しかしまた直せるものでもあります。
壊れたら捨てるのではなく、壊れたら直すというステンドグラス本来のサイクルを大事に、ただ作るだけでなく、また同じように直せる工房でありたいと願っています。

新着情報

2018年8月22日

ブログを更新しました。

虹工房代表

虹工房代表 斎藤雅也です。

『100年後も変わらず人に愛されるステンドグラス』
をモットーに心を込めて制作、修理いたしております。
まずはお気軽にご相談ください。

代表プロフィール

テレビ取材

2013年1月5日放送のテレビ朝日番組『ナツメ・道楽』にてステンドグラス修理の専門工房として、当工房が紹介されました。

工房概要

虹工房

〒104-0042 東京都中央区
入船2-6-3 小口ビル3F

東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀」駅 徒歩5分

03-3552-8154

03-3552-8154

stainedglass@nijikobo.name

工房概要

地図・アクセス